×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レスポートサック☆ショルダーバッグの生産地情報!

レスポートサック☆ショルダーバッグの生産地

カテゴリー :レスポートサック ショルダー

レスポートサックショルダーバッグはいったいどこで作られているのでしょうか。

実は、レスポートサックのショルダーその他バッグやアクセサリーなどの全製品は主に中国などアジア諸国で生産されているのです。

ニューヨークで誕生したレスポートサックですから、もちろんアメリカの工場で生産されてきました。

ただ、やはり時代の流れの中でショルダーバッグなど様々な製品をアメリカの工場だけでまかなうことはできなくなりました。

現在では、レスポートサックはアメリカから生産拠点をどんどん移しており、中国やタイ、インドネシア、コスタリカなどアジアや中米といった国での生産が主となっています。

ショルダーバッグなどを通販で探していると、並行輸入しているネットショップに行き着きますが、しばしば「レスポートサックの商品について」という説明文を見かけます。

説明文の内容はどのショップもほとんど同じで、

■当ショップの商品は偽物ではない

■アメリカから拠点がアジアなどに移ったので難のある商品もある

■多少の汚れや傷、シワ、縫製不良が見られる場合あり

■タグのないものもあるが特に問題はない

■生産国を指定して買うことはできない

■検品基準はレスポートサック直営店と同じ(だから大丈夫)

という感じです。

並行輸入の通販ではレスポートサックのショルダーなども定価より相当に安く販売されているので、もともと検品からはずれたものを並行輸入していたりするのでしょうか。

正規直営店で不具合のあるものを販売するとは思えませんよね。

コラム > レスポートサック☆ショルダーバッグの生産地について書かれています。

レスポートサック☆トキドキとは

カテゴリー :レスポートサック トキドキ

レスポートサックの「トキドキ」シリーズってすごい人気ですね。
日本はもとより、ハワイ、全米で売り切れ続出です。
ネットで購入しようと、あらゆる通販ショップめぐりをしても、まず欲しいものがすんなりと手に入ることは稀です。

レスポートサックの「トキドキ」シリーズは、イタリア人デザイナーシモーヌ・レグノ氏とのコラボレーションで誕生しました。

レスポートサック「トキドキ」シリーズは、2005年春の発売以来全米はもちろん、ヨーロッパや日本でも記録的な大ヒットを連発しています。
入手困難は当たり前ですね。

レスポートサックの「トキドキ」というブランド名は、日本語の「時々」から付けられたものだそうです。

「誰でも、いつか(時々)叶えたい夢がある」
というキャッチフレーズからきているそうです。


レスポートサック「トキドキ」のキャラクターは、日本のアニメからとったものもあるそうで、現在で約100種類くらいあり、その後も、新しいキャラクターが生みだされています。

彼が生み出すキャラクターはとってもキュート!
アニメーションに見入ってしまう、不思議な魅力があります。

レスポートサックの「トキドキ」シリーズは、キュートなプリントだけでなく、皮使いになっている部分や、レインボーカラーのジッパー、付属のフィギュアやロゴ入りキーホルダーなどにもこだわりを持ち、購入した人の満足度をかなりあげてくれる、ワンランク上の商品です。

コラム > レスポートサック☆トキドキとはについて書かれています。

レスポートサック☆モリーのご紹介

カテゴリー :レスポートサック モリー

レスポートサックの数あるバッグの中でも、
1〜2番の人気の商品は「モリー」です。

レスポートサックモリーは大きさも程よく、サイズは22×35×19cmと、デイリーユースにはピッタリ!

レスポートサックモリーは、全体が3分割されていて中央にファスナー開閉、両脇に大きなポケットがあります。

中央のファスナーは大きく開くので、出し入れが楽々!
モリーは、たくさん収納でき、型崩れもしない優れものです。
底の部分にマチが入っていて、台形なのでバッグがちゃんと立ちます。
お弁当や、横に倒して入れたくないものも収納できるので、とても機能的。
機能的で、可愛くて、というのがモリーが愛されている理由の一つです。

レスポートサックのモリーは、デザインも豊富で、可愛いものからポップなもの、柄物はちょっと・・・という方には無地もあります。

レスポートサックモリー<は人気の型なので欲しいプリント柄がすぐに品切れになってしまうこともあるので要注意ですね。

同じ柄のポーチやキーケース、ペンケースなどと、トータルで使っていただくとかなり可愛いですね!

コラム > レスポートサック☆モリーのご紹介について書かれています。